このページでは、JavaScriptを使用しています

〜仏事の豆知識〜vol.1

焼香

焼香っていつするの?どうしてするの? まず焼香と言えば、お葬式などの弔いごとを思い浮かべますが、普段お仏壇を拝む時、お寺を参拝した時などに立てるお線香と同じで、別にそういった慶弔の「弔」の時にだけするものではありません。 灯明(蝋燭)とともに、焼香(線香)は仏様に対してのお供え物であると同時に、焼香の煙は身を清めるために炊きます。また経典にはそのたゆまず一定の速度で燃え続けるさまを、精進をあらわすとあります。 私たちも、常日頃から精進と言う言葉を胸に物事に取り組みたいものです。

〜仏事の豆知識〜vol.2

念珠の扱い方

昨今では念珠も様々な材質、種類のものが出てきましたが、本来は真言などの数をとるための仏具だったという説もあります。片側を往復して108(本連と呼ばれる念珠の場合)と言う数は人間の煩悩の数を表していると言われています。その他の母珠(両端の大きな珠)や記子(4本の房につく珠)などにも各々意味がありますがここでは触れません。念珠をするときは、房の根元に小さな珠がついたほうを右手の中指にかけ、反対側を左手の人差し指にかけ、房は全て掌の中に入れます。両手を合わせるとき、少し右に傾けて(右手が下)、右手をまず手前、次に奥、最後に手前と動かし摺り合わせます。手を合わせるときは、左手に一匝にしてかけ、持つ時は二匝にして持ち、置く時は三匝にして置きます。ただし、念珠の種類や、宗派によっては取り扱いに違いがありこの限りではありませんのでご留意を。    

〜仏事の豆知識〜vol.3

お彼岸の由来

お彼岸にはお墓参りをするのが慣習となっていますがその由来は諸説あるのですが、今回は僕が教わったものを紹介させていただきたいと思います。 昔(今もそうかも知れませんが)は太陽に特別な信仰が集まっていたことがあったようです。現在のいわゆるお彼岸の中日と呼ばれる日は、年に2回。3月20日(春分の日)と9月20日(秋分の日)です。実はこの二日間は昼と夜の長さが同じ、つまり太陽がちょうど真東から真西へ動く日なのです。 また、農耕民族である日本人にとってお彼岸と言う日は季節の変わり目と言う意味でもとても大切な日とされてきました。その日には実り豊かな一年になることを太陽にお祈りすると同時に、先祖に安らかな日々を送れるように祈ったようでもあります。 さらに、この真西と言う方角について。ご存知かとは思いますが、阿弥陀如来様の浄土は西の海の果てにあると言われています。この日に沈み行く太陽に向かい念仏すれば必ずや極楽浄土に行けるとも信じられてきました。 以上のような民間信仰が混ざり合って、現在お彼岸にお墓参りをするという習慣が残っているのではと考えられています。

SIDE MENU

文字サイズを変更するフォントサイズを大きくする フォントサイズを小さくする