厄除け祈願

二月三日は節分です。翌日は立春で、暦の上では冬が去って春が来たと言う一年中で人間の生活に関して最も大切な節目の日であります。
 節分の日には、昔から厄落としとも、厄払いとも言われる、人間に災難をもたらす悪魔を追い払う行事が行われています。一般家庭では、『鬼は外、福は内』と言いながら豆を投げ付ける豆まきが行われるのは良く知られております。
 古代印度で説かれ、お大師様が伝来した宿曜経には、「人間の運命を支配していると言われている星々に祈願をし、災難を逃れ、安全に日々の暮らしをし、福徳を増し、生活を豊かにし、健康で長生きをするように・・・云々」とあります。
 当院では厄払いの行事として、星祭護摩祈願会を執行しております。
特に、厄年の方に対しては、特別祈願(厄払い)をさせて頂いております。
 星祭りの祈願を希望される方は、お札等々の準備の都合がございますので、お申し込みは必ず一月二十日迄にお願い申し上げます。
 
※生年月日の記入をお願いします。特に元日から節分までの生まれの方。
※数へ年は、一覧表をご参考に。分からない場合は生年月日の記入をお願い致します。
※古いお札の返還の為、正覺院本堂前に箱をご用意しております。宜しくお願い申し上げます。

お布施

○ 特別祈願(厄払い) 御一人 金 五 千 円 也
○ 普通祈願     御一人 金 五 百 円 也
 ※ 厄年でない方でも特別祈願(厄払い)承ります。
 ※ 別紙にて添え護摩木、水子供養経木塔婆の申込みを受け付け致します。

用紙のダウンロードはこちらから

有縁各位様
正覺院奉讃会 0829-31-1803